Insta360
BETAFPV
CHASING
FrSky
GEELANG
Insta 360 ONE X2
CHASING M2
DJI Pocket 2
DJI MINI
PHANTOM
MAVIC AIR
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

NEWSお知らせ

2021/05/22Insta360 GO 2 vs. GO: 両者の違いは?

 

Insta360 GO 2 vs. GO: 両者の違いは?



Insta360 GO 2とGOの違いは何でしょう?どこが改良されたのでしょうか?

Insta360 GO 2はGOと比べて多くの新機能を備え、機能が改善されています。はじめにInsta360 GO 2とGOの機能比較を表にまとめます。
 
機能
Insta360 GO 2
Insta360 GO
1/2.3インチセンサー
×
動画解像度 1440p@50fps 30fps1080p@25fps
防水性能 IPX8 4メートル防水 IPX4 耐水
レンズ保護フィルター
×
充電ケース 充電器
充電器
リモコン
三脚
駆動時間  単体:30分
充電ケース併用:150分
単体:16分
充電ケース併用:60分
最長クリップ尺
FPV モード: 30分
動画 (ベーシック手ブレ補正) : 15分
プロ動画 (FlowState 手ブレ補正) : 10分
FPVモード: 5分
FlowState 手ブレ補正: 1分
手ブレ補正
FlowState 手ブレ補正
ベーシックカメラ内手ブレ補正
FlowState
手ブレ補正
FOV (視野角) オプション 超広角
 アクションビュー
リニア
狭角
超広角
Wi-Fiプレビュー
×
ストレージ容量
 32GB
8GB
 

画質

1080pから1440pへの画素数の増加は、それほど大きな違いではないように思えるかもしれません。しかし、Insta360 GO 2とGOの画質の違いを過小評価してはいけません。

GO 2の画質向上の秘密は、新しいイメージセンサーにあります。GO 2の1/2.3インチセンサーはフラッグシップアクションカメラに標準的に搭載されているサイズで、より鮮明で精細感のある超広角映像が撮影できます。GO 2にはこのセンサーと共にフラッグシップアクションカメラと同等の高性能ハードウェアが1/6のサイズの筐体に詰め込まれています。以下の動画で映像の違いを比べてみてください。


 
FlowState 手ブレ補正

バターのような滑らかさ。 百聞は一見に如かず。
FlowState手ブレ補正は映像のブレを抑えて水平を一定に保ちます。 揺らしたりぶつかったり転がったりしても大丈夫です。



アクセサリー

Insta360 GO 2にはGOと同じ種類のアクセサリーが付属しますが、そのアクセサリーも改良されています。

リモコンにも、三脚にも、自撮り用の持ち手にもなります。充電ケースの画面と2つのボタンを使って、最大10m離れたところからモードや設定を変更したり、録画の開始や停止ができます。

以下のマウント用アクセサリーも改良されました。

  • 磁気ペンダント: 磁力が強化され保持力が向上しました。
  • 簡易クリップ: 調節方法が新しくなり、ちょうどいいアングルに調節できます。
  • ピボットスタンド: 完全に再設計され、折り畳み式で調節可能になりました。繰り返し使用できる粘着ベース、内蔵ハンドル、リストストラップを装備しています。



POV撮影

あなたの世界を 手ぶらで撮影。
撮影するのに面倒な準備はもう必要ありません。 GO 2を磁気ペンダントでシャツに固定して、録画ボタンを押して撮影するだけ。 誰でも簡単に使用できます。



視野角

視野角 (FOV) に関するオプションは、Insta360 GOでは超広角の一種類だけでした。Insta360 GO 2では新たに、アクションビュー、リニア、狭角の3つのFOVオプションが追加されています。アクションビューはアクションPOV撮影に特に最適化された視野角で、他の視野角よりも高さがあるため撮影者の体が大きく映るので、よりスピード感が得られます。

プロ動画モードでの視野角の詳細は以下の通りです

アスペクト比 視野角 水平視野角 垂直視野角 対角視野角
16:9  超広角 120 71.9 134.1
  アクションビュー 110 85.3 132.2
  リニア 110 76.3 116.7
  狭角 86 55.1 93.7
9:16 超広角 71.9 120 134.1
  リニア 76.3 110 116.7
  狭角 55.1 86 93.7
1:01 超広角 93.4 93.4 125.6
  リニア 90.5 90.5 109.9
  狭角 69.2 69.2 88.6
 

数値はすべて度数で、推定値です。視野角は動画モード(ベーシック手ブレ補正)では変化します。

プロ動画モードでは、解像度やフレームレートを変えても視野角は変わりません。


 

アプリ

Insta360 GOとGO 2のどちらも編集機能を完全装備したアプリが用意されています。使用するアプリは、Insta360 GOではGO専用アプリを使用しますが、GO 2ではONEシリーズと同様にInsta360アプリを使用します。


 編集に関しては、Insta360 GOとGO 2のどちらもFlashCut自動編集機能を使用できます。しかし、GO 2ではFlashCutはより一層強力になりました。2通りの方法が選べます。

  • テーマ付きテンプレート: スポーツ、ペット、旅行などのテーマから選択。あとはテーマに必要なクリップを選ぶだけでAIが最高のシーンを選び出し、音楽とトランジションを付けて一つの映像にまとめます。
  • ストーリーエディター内: 好きな主題で好きなだけクリップを選ぶと、AIが最高のシーンを選び出し、音楽とトランジションを付けて一つの映像にまとめます。

どちらの方法でも、わずか数秒でそのままSNSに投稿できる映像を作成します!



 

共通点

Insta360 GOとGO 2はどちらも同梱アクセサリーでハンズフリー撮影が体験できる、マウント可能な小型カメラです。磁石に付くように設計されているので、他のアクションカメラが装着できない場所にマウントできます。とても小さなカメラなので、装着していることを忘れてしまうほどです。

どちらのカメラもInsta360のFlowState手ブレ補正と水平補正アルゴリズムが利用できます。GO 2やGO を使えば、プロ用ジンバルを使って撮影したかのような非常に滑らかな映像が撮影できるのです。

アクセス : 133

DJI FPV: 究極のハイブリッド型FPVシステム

お知らせ一覧

ページトップへ